永久脱毛と言えば医療レーザー脱毛

永久脱毛と言えば医療レーザー脱毛

永久脱毛と言えば医療レーザー脱毛

永久脱毛と言えば、真っ先に頭に浮かぶのが医療レーザー脱毛です。

 

脱毛したい皮膚の表面にレーザーを照射する事で、
毛の黒い色素であるメラニンにレーザーの光が反応して、毛根を熱で焼いてしまう方法です。

 

熱で焼き切るという方法なので、多少怖いような感じがしますが、安全に施術出来るようです。
何かあっても、医療機関なのですぐに対応してもらえます。

 

痛みも少なく、短時間で施術出来て、一度に広範囲の脱毛が可能という点が魅力です。
しかし、永久脱毛の効果があるのはやはり、医療レーザー脱毛だけのようです。

 

家庭用脱毛器も、エステサロンでの脱毛も、永久脱毛の効果はありません。
もう2度と生えてこないような脱毛にはならないようです。

 

永久脱毛という定義は、2年後に発毛する確率が20%以下と言われています。
まるっきりムダ毛が生えてこない永久脱毛は難しいのかも知れません。

 

私は脱毛はしていませんが、もし永久脱毛をするなら、医療レーザーを選びます。
しっかり脱毛して欲しいし、仕上がりが綺麗な方が良いからです。

 

もし、完全に脱毛出来なくて、多少ムダ毛が生えてきても、
自分自身で自己処理が煩わしくない程度の生え方だったら問題ないと思いますので、やってみたいと思います。

抜くタイプの脱毛器で失敗しました

かつて、抜くタイプの脱毛器が流行ったことがあります。
キレイなお姉さん云々というシリーズです。
私も御多分に漏れずに購入しました。

 

ひざ下のムダ毛はそんなに多くも太くもなかったのですが、抜く作業が楽しくて、暇さえあればやっていました。
ちょっとやればつるつるになるのが快感だったのです。

 

ところが、そのうちムダ毛が太くなっていったのです。
最初は気にも止めていなかったのですが、そのうち抜くのに負荷がかかるようになって実感するようになりました。
そうなると、ますます毎日脱毛器を使用しなくてはならなくなってしまって、それでまた太くなるという悪循環です。

 

仕方なくエステサロンに行くことにしました。
そこで言われたのは自宅での処理は脱毛器は厳禁、カミソリでのお手入れしかダメ。それからというもの、ムダ毛のストレスがハンパなかったです。
光脱毛は2ヶ月置き、それまで我慢できずに脱毛器を使ったこともありました。
その後、意を決して脱毛器を捨てるまで、しばらく時間がかかりました。

 

ひざ下はエステサロンで若干は減ったのですが、一気になくしたいと思うようになり、その後は美容外科でのレーザー脱毛に切り替えました。
ちょっとした軽い気持ちで購入した脱毛器でこんなことになるなんて、大失敗です。

毛の量によって料金が変わる!?

友達の勤める美容外科でVIOラインの脱毛に通い初めて6か月。実はその前にエステサロンで脱毛をやってもらっていたんですが、1年以上通っても、どうしても「つるつる」にはならなくて、そんな時友達から「エステと美容外科では使っているレーザーの機械が違う。美容外科のレーザーの方が威力が強い」と教えてもらい、乗り換えてみたんです。

 

個人的な感想だけど、やっぱり病院の方が、やっぱりしっかりやってくれている?感じがして、今のところサービスには満足しているのですが・・・。

 

実は、この美容外科を初めて訪れたとき、友達から説明を受けて思わず笑ってしまったのが「料金設定」。以前お世話になっていたエステサロンは「脱毛し放題」パックのようなシステムだったので、何回でいくら、という料金設定だったんですが、こちらの美容外科の場合は、なんと「毛量」によって金額が変わる設定だったんです!・・・ということは、毛がわさわさ(笑)生えている人ほどお金がかかるってこと(笑)。

 

友達いわく、脱毛前のカウンセリングでは、患者さんが自己申告で「少なめなのでこれくらいかしら」とか言うらしいのですが、そんな人に限って一番料金が高くなるくらいの量だったりするそうで・・・。施術後に「予想していたより料金が高くなった!」と文句を言われることもあるらしいのですが・・・ま、それは仕方ないですよね(笑)。多いんだから(笑)。

 

ちなみに私は、エステに通っていたこともあって、もともとかなり減っていたので、最低料金でいけましたが・・・。「私ちょっと多め!?」という自信(?)のある方は要注意です!!


ホーム RSS購読 サイトマップ