永久脱毛が終わって現在の様子

永久脱毛が終わって現在の様子

永久脱毛が終わって現在の様子

もう自己処理が面倒になったので、ワキの永久脱毛しようと駅前の脱毛サロンに行きました。

 

このサロンの話じゃないのですが、永久脱毛したのに残っちゃったという体験談を見たことがあり心配だったので、
こちらでは残っちゃうということはないですか?それじゃお金払ってまでやる意味ないんですけどと聞いてみました。

 

スタッフのお姉さんは個人差によって残ってしまう方もいらっしゃいますが、
毛周期に合わせてきちんと通えば確実にツルツルのお肌に近づいていきます。

 

もし2年の保証期間を過ぎても残ってしまった場合は、
3回まで無料のお手入れサービスがあるので大丈夫と言うので始めました。

 

 私は剛毛だったため保証期間終了後も残るのではないかと心配でしたが、
剛毛の方が黒い色に反応するフラッシュ脱毛には向いているとの事で、
確かに初回の施術後からスルリとムダ毛が抜け落ちるのを確認できました。

 

 そして2年、保証期間内ではまだ3本くらいしっかり根付いた毛が残っていたので、
あと3回のお手入れサービスに突入しました。その3回も終わり、

 

やっぱりその3本は気になる太さと長さにまで成長する程の剛毛さですが、
他は見違えるほど生えなくなり、なぜ3本だけ効かなかったのか不思議なくらいでした。

 

 どうしてもこの3本が気になるなら特別料金で続けられるという話をしてもらいましたが、
今回はこれで止めることにしました。1本でも残ったら永久脱毛じゃないじゃんと始める前は思っていたのですが、

 

3本ならピンセットでピピピと抜いて終了です。
断然楽になったので、やって良かったと思っています。

永久脱毛に通った感想

私が初めて脱毛しようと思ったのは20代前半の時でした。

 

当時はニードルでやる脱毛と、レーザーでやる脱毛が一般的だったのですが、
私の母親がニードルで永久脱毛をしており、やった箇所をみせてもらったところ、ツルツルだったので、ニードルに決めました。

 

母の場合、脱毛完了から10年以上経っており、
それでもツルツルを維持しているので、とても説得力がありますね。

 

早速、大手のエステサロンに予約を入れ、行ったところ、とても丁寧に説明していただき、
お値段のことや施術のことを詳しく教えてもらいました。

 

毛のなくなる様子を、今までのお客さんの写真をみせてもらい説明をうけたりもしました。

 

ニードル脱毛というのは、ある程度毛を生やした状態でサロンに行き、
毛の毛根に細い針を挿入し、電流をながして、細胞を殺してしまうというものです。

 

友達の話でも、母親の話でも、とにかく痛いということだったので、
相当な覚悟を決めて1回目の施術に挑みました。施術箇所は脇にしました。

 

痛みに耐えられそうなら、腕と足もやろうかなと言う感じ。

 

まず、受付を済ませ、個室に案内されます。
次に、バスローブに着替えてベッドに寝ます。あとはリラックスするだけです。

 

施術するお姉さんがきて、いよいよ開始。

 

始めに写真を撮ります。毛のなくなる経過をみるためだそうです。

 

そして、脇にニードルを当てると、すっごい痛みがきました。思わず声が出ました。
痛いというのか、熱いというのか、とにかく苦痛でした。

 

ですが、痛みに耐え、1年もするとツルツルになりました。
全く生えてこなくなったし、痛みに耐えるだけの価値はあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ