年齢で考える永久脱毛の方法について

年齢で考える永久脱毛の方法について

年齢で考える永久脱毛の方法について

ムダ毛は何度除毛しても生えてくるものです。

 

自己処理をしようとしても、生えたてのまだ先が出て来ないものは処理をしにくく、面倒くさいですよね。

 

やはり女性ならば一度は永久脱毛を考えることでしょう。

 

永久脱毛というと脱毛エステや脱毛クリニックへ行くものと思われますが、
実は最近では家庭用脱毛器でも永久脱毛ができる高性能なものが販売されているのです。

 

値段も10万円を切る商品までありますので候補に入れるには十分です。

 

同じ永久脱毛が出来るのなら、エステやクリニックに通おうか、多少高価でも
家庭用脱毛器を購入してしまおうか迷うところです。

 

そんな時は、年齢で考えてみましょう。

 

もしもまだ10代〜30代まででしたら、身体の新陳代謝が盛んですので毛の生成も早く、
毛質も丈夫ですので、エステやクリニックでプロに任せて永久脱毛をした方が、早くキレイに処理できます。

 

40代以上になりますと、そろそろ代謝機能が衰え始めますので、毛の本数も減り、毛質も弱くなってきます。
家庭用脱毛器でも数回処理を続ければ毛根が減り、処理をする手間も段々と省けるようになってきます。

 

脱毛器で処理をする際の痛みもあまり感じなくなりますし、
そのまま自然に永久脱毛ができるようになるのです。

日本と海外のムダ毛処理の違い

最近は日本でも脱毛サロンが増え、料金も安くなってきたことから気軽にムダ毛の永久脱毛が出来るようになってきました。
常に処理が必要となる腕や足、ワキといった部分の自己処理が煩わしくて思い切って永久脱毛に踏み切ったという話もよく聞くようになりました。
男性でもムダ毛を処理する人が増えるなど、性別に関係なくケアが当たり前になってきているようです。

 

日本では女性がワキ毛を処理していないと不潔と思われることが多いですし、男性から見ても顔脱毛を含めしっかりと処理してほしい部分ですよね。
しかし、海外では処理しないという習慣がある国も多くありますし、日本ではあまり処理する習慣がない部分の脱毛が当たり前という国もあるようです。
このように日本では当たり前でも世界的にみると、様々な違いがあるようです。

 

欧米ではアンダーヘアの脱毛する方が多くいらっしゃるようですが、日本ではあまりしている方はいません。
日本人の女性がワキ毛を処理するのを同じ感覚でアンダーヘアの処理を行なうという話もあります。
アンダーヘアはもちろん、脱毛をしっかりとしていないと不潔と思われる事もあるんだとか。
そのため、ムダ毛を自己処理するための商品は日本とは比べられないほど販売されているそうですよ。

 

日本では男性の脱毛処理は最近増えてきていますが、まだまだ処理していない方が多いと思います。
欧米では男性の脱毛も当たり前で、腕や足、ワキの脱毛も済ませている人もいるようです。
日本人の目から見ると驚きの光景ですが、男性の脱毛も広まってきているのでそういった光景が当たり前になる日が来るかもしれませんね。

 

イスラム圏では宗教上の理由で14歳を迎えると脱毛を行なうそうです。
ムダ毛の処理はエチケットや美意識と関連していると思われがちですが、そうではない場合もあるようですね。
国や地域によっても様々なムダ毛の処理ですが、日本では海外の文化を取り入れつつ独自の意識を持つようになったと言われています。

 

海外の女優さんやミュージシャンが脱毛をしている、またはしていないという話を聞くと流されがちなのも日本人の特徴です。
処理をしないという方法を取った場合はあとから処理をすることが可能ですが、永久脱毛をしてしまうと元には戻せません。
特にアンダーヘアの処理は不自然になってしまう方もいるようですので、慎重に行なうのが良いと思います。
脱毛を決めた場合もトラブルが起こらないようにサロン選びも料金のみで決めないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ