脱毛について

脱毛について

脱毛について

私は最近自分の毛深さが我慢できなくなってきました。以前から自分が毛深い事も自覚していて、たまに友人等からもその事でからかわれていました。

 

そういう事も今まではずっと我慢してきました。ですが、最近になってそれもかなり我慢できなくなってきました。
やはり、そういう事を言って馬鹿にしたようにニヤニヤ笑っているのは明らかに私に対する侮蔑の表情に他ならないと感じるようになったからです。

 

しかも、それが毎回会うたびに言われるものですからたまったものではありません。
ですから、私は今度プロに頼んでこの毛深い体のムダ毛を一掃したいと思っています。
そして、今後は一切毛深い事で馬鹿にされないようにしたいと思っています。

 

やはり、そうでもしないとこの状況は一向に改善されない事は明白ですし、自分で処理をするにも全身が毛深い以上すべてのムダ毛を処理するのは無理です。
だから、私は恥ずかしいと思いながらも脱毛サロンに行き、この毛深い体をなんとかしたいと思っています。
それで、私の体が綺麗になるなら私は喜んで脱毛サロンに行きます。
そして、永久脱毛をしてもらい二度と毛深い事で馬鹿にされないようにしたいと思っています。
本当にその日が楽しみです。

デリケートゾーンの脱毛ってしてる?

ハイジニーナ脱毛をご存じですか?
これは、アンダーヘアを脱毛していくことを言います。

 

もともと、"ハイジニーナ"とは衛生という意味があります。
アンダーヘアをお手入れすることによって、デリケートゾーンを清潔に保とうと言うところから始まった言葉のようです。

 

アンダーヘアのムダ毛処理については、脇脱毛と違って、仲がいい女友達ともなかなか話し合えることではないでしょう。
でも、他の女性はどうしているのかが気になりますね。

 

女性のほとんどは、水着を着たりするときにアンダーヘアのムダ毛を処理するようです。
また、何もお手入れをしていない人よりも、定期的に処理している人の方が若干多いようです。

 

ただ、アンダーヘアのムダ毛処理をしておけばよかったと思う人は多いようで、水着からはみ出てしまったとか、生理のときにデリケートゾーンが蒸れてかゆくなってしまったと言う人がたくさんいます。
アンダーヘアの脱毛は、ショーツからはみ出る可能性のあるVラインの他、性器周りのIライン、肛門周りのOラインがあり、エステサロンでも対応しています。

 

では、アンダーヘアの処理をしている人はどんな方法を使っているのでしょう?
圧倒的に多いのが、カミソリやシェーバーを使った処理です。
その次がエステサロン、毛抜きと続きます。

 

IラインやOラインをカミソリやシェーバーで自己処理するのは難しいし、最近は料金が安くなってきているので、エステサロンに行く人が増えてきています。
ハイジニーナ脱毛は、アンダーヘアを少なくしたり、整えたりする処理方法です。

 

日本ではVIOライン全てを総称してハイジニーナと呼びます。
最近では毛深い男は敬遠されがちなので、ハイジニーナ脱毛をする男性も増えています。

 

ハイジニーナ脱毛に対して、アンダーヘア全部をなくしてしツルツルにすることをブラジリアン・スタイルといいます。

 

ブラジリアン・スタイルも最近では衛生面から人気が出ていて、特にアメリカのセレブの間ではエチケットとして常識といった域にまで達しています。
そのため、アメリカにはハリウッド女優専門のアンダーヘア脱毛サロンがあるくらいです。

 

ブラジリアン・スタイルはすべてのアンダーヘアをなくしてしまうので、ワックスによる処理が主流になっています。
エステサロンでデリケートゾーンの脱毛というと、日本の場合はハイジニーナの光脱毛が主流でしたが、最近ではブラジリアンワックスを行うサロンも増えてきているようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ